三省堂書店 出版事業部

出版物のご案内

    『診療所のための開業マニュアル』 渡邉滋巳(著)/一般社団法人 全日本医療経営研究会 辻・本郷 税理士法人(監修)

    出版物タイトル 『診療所のための開業マニュアル』
    分類 健康・医療
    著者 渡邉滋巳(著)/一般社団法人 全日本医療経営研究会 辻・本郷 税理士法人(監修)
    定価 本体4600円+税
    発行 2017年2月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 B5判・250ページ

    内容紹介

    医科業界サバイバル時代を乗り越える「開業」への具体策

    本書の4 大ポイント
    ◎ 開業を成功させるための心得
    ◎ 開業で成功するためのポイント
    ◎ 開業に必要な準備とポイント
    ◎ 開業前後の診療所経営ノウハウ
    を逐条解読!

    いまや、医科業界は「診療所の過剰」、「収益性の低下」という二大問題に直面しています。
    これらを解決した診療所のみに生き残りが許されます。
    本書にはこれらの状況を敏感に察知し、患者さんに真の満足を与える、
    具体的なサービスを提供するための診療所開業のノウハウがちりばめられています。
    是非本書を通して、時代に打ち勝つ開業の一大チャンスをつかんで下さい。

    『我が国の真珠産業・真珠政策と真珠振興法』 盛山正仁(著)

    出版物タイトル 『我が国の真珠産業・真珠政策と真珠振興法』
    分類 ビジネス
    著者 盛山正仁
    定価 本体2778円+税
    発行 2017年2月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 A5判・386ページ

    内容紹介

    「真珠王国 日本」
    栄光への軌跡と「真珠産業」振興への展望
    ̶真珠の輝きとともに日本が輝き続けるために̶

    先の通常国会において、「真珠の振興に関する法律」が成立した。
    本書では、「『真珠振興法』立法の経緯」、「本邦の真珠養殖の歴史」、
    「真珠産業の発達史」などを豊富な資料とともに解説し、
    今後の課題にいたるまで広範な議論をも展開する、
    わが国の真珠産業の現在・過去・未来を網羅、総括した一冊。
    関係行政、団体の最前線の主導者からは推薦辞が寄せられ、
    本書のみならず、わが国の真珠振興全体へのエールとなっており、
    わが国の真珠産業の振興を牽引していこうとの決意の書である。

    目次

    ●真珠の歴史
    ●真円真珠養殖法の発明
    ●戦後の急成長と真珠検査制度、調整保管制度
    ●海と人が作り出す真珠
    ●我が国の真珠産業の課題
    ●真珠振興法の解説
    ●真珠振興法への期待
    ●対談 真珠振興法の制定と今後について
    ●「真珠の振興に関する法律」「真珠養殖事業法」ほか

    『数のあそび 魔法陣をつくる』 小泉武久(著)

    出版物タイトル 『数のあそび 魔法陣をつくる』
    分類 芸術・建築・理工
    著者 小泉武久
    定価 本体850円+税
    発行 2017年2月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 四六判・22ページ

    内容紹介

    知的数学的遊びの魔方陣を簡単に作ってみよう!

    魔方陣をつくることは古くからおこなわれており、
    今だにたいへん普及している数学遊びの一種です。

    魔方陣というのは
    正方形を格子形に区切って、縦列、横列、あるいは対角線場にある数の合計が、
    いずれもおなじになるように、1にはじまる連続した自然数を、
    それぞれのマスに配置したものです。
    魔方陣の作り方は奇数方陣と偶数方陣にわかれます。(本書より)

    『医療現場で必要な多言語コミュニケーションのための6ヶ国語対応 医療通訳学習テキスト』 西村明夫(編)/沢田貴志(医学監修)

    出版物タイトル 『医療現場で必要な多言語コミュニケーションのための6ヶ国語対応 医療通訳学習テキスト』
    分類 教育・学習・語学
    著者 西村明夫(編)/沢田貴志(医学監修)
    定価 本体3500円+税
    発行 2017年2月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 A5判・434ページ

    内容紹介

    『医療通訳学習テキスト』の増補改訂版として登場!
    初めての6ヶ国語対応! 「医療通訳テキスト」

    厚労省では増加する外国人医療問題への対応として、
    当書に掲載の言語を中心に医療通訳施策を進めています。
    医療通訳者育成が急がれる東京オリンピック・パラリンピックを目前に控え、
    最も待望されていたマルチリンガル医療通訳テキストです。
    基本・応用を包括した、独習可能な実践型「医療通訳テキスト」として、
    また、医療現場で必要な6ヶ国語(英語、中国、ポルトガル、スペイン、ハングル、インドネシア)を網羅した
    「医療外国語辞典」としても活用できるオールインワンの一冊です。

    目次

    第1章 倫理・心得
    第2章 対人救助の技術と心構え
    第3章 身体の組織とその機能
    第4章 覚えたい病気の知識
    第5章 症状・病状などの用語・言い回し
    第6章 治療とその過程で使われる用語
    第7章 検査で使われる用語
    第8章 薬に関する用語
    第 9 章 予防接種・法定伝染病の用語
    第10章 医療機関のしくみと受診時の注意事項
    第11章 医療費に関する知識
    第12章 母子保健のしくみ
    第13章 通訳技術の基礎
    第14章 模擬通訳トレーニング 
    第15章 多文化に関する知識・理解

    販売情報

    『涼温な家』 松井修三(著) 5刷

    出版物タイトル 涼温な家
    分類 芸術・建築・理工
    著者 松井修三
    定価 本体1200円+税
    発行 2014年7月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 四六判・230ページ

    内容紹介

    「冷暖」の時代は終わった。
    『新「いい家」が欲しい。』の著者が勧める「涼温」・健康な家づくりとは

    エアコンの風が嫌いな方へ「涼温房」への新提案
    『涼温な家』は、エアコンの冷暖感が嫌いで肌に合わないと感じ、
    空気の質にこだわる人に最適な住環境を提案します。
    今まで語られなかった、快適な「住み心地」を実現する「換気」と「涼温房」の最良な選択を検証した、はじめての本です。

    重版情報

    • 2017年1月17日 5刷できました!

    『My LOGBOOK 航空日誌 海外広告・機内誌メディア40年の軌跡』 阪上弘仁(著)

    出版物タイトル 『My LOGBOOK 航空日誌 海外広告・機内誌メディア40年の軌跡』
    分類 人文・社会
    著者 阪上弘仁(著)
    定価 本体1800円+税
    発行 2017年1月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 四六判・274ページ

    内容紹介

    インフライト・マガジン史に燦然と輝く、
    1人の海外広告マン飛翔の歴史がここに。

    かつて、機内誌広告というビジネスがあったのをご存知だろうか。
    一人の日本人広告マンは、いかにして世界の機内誌広告を手がけるようになったのか…
    これは、インフライト・マガジン史における「巨人の旅行記」であり、
    広告メディア界をつないだひとつのビジネスの歴史である。

    目次

    (1)海外広告揺籃期
    (2)海外向広告業インターマート設立
    (3)海外広告の進展と機内誌の登場
    (4)海外広告業から機内誌メディア業へ
    (5)欧州インフライト連合構想
    (6)インフライト・マーケティング・ビューロー(I M B)設立

    『天国は現実、しかし地獄も現実 来るべきことについての目撃者の証言』 ヴァスーラ・リデン(著)

    出版物タイトル 『天国は現実、しかし地獄も現実 来るべきことについての目撃者の証言』
    分類 人文・社会
    著者 ヴァスーラ・リデン(著)
    定価 本体2000円+税
    発行 2017年1月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 四六判・364ページ

    内容紹介

    全世界を揺るがした「現代の神秘家」の半生、
    混迷する世界への「愛と警告のメッセージ」

    米国大手書店チェーン、バーンズ&ノーブル社
    オンライン部門でベストセラー獲得!

    世界は神に対して多くの疑問を持っています。
    もし神から直接回答を得られるとしたら、答えを知りたいでしょうか?
    異彩を放つ本作において、著者は自身がたどった驚くべき超自然の世界への旅を振り返ります。
    そして自身が受けた、私たちの現代世界にとって
    決定的に重大な意味を持つメッセージについて詳しく説明します。
    ヴァスーラの経験によって、今日の切迫した疑問に対し、
    また人類が有史以前から問いかけてきた質問に対しても、極めて重要な回答が提示されます。
    この本は、あなたが読む本の中で最も刺激的な一冊となるでしょう。

    目次

    第1章 予感
    第2章 接触
    第3章 闇夜
    第4章 天使か悪魔か?
    第5章 霊的な世界
    第6章 対立
    第7章 使命
    第8章 鳩
    ほか、全17章

    『さようなら シロスケ トモスケ』 髙橋孝子(著)

    出版物タイトル 『さようなら シロスケ トモスケ』
    分類 絵本・児童書・コミック
    著者 髙橋孝子(著)
    定価 本体1400円+税
    発行 2017年1月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 四六判・106ページ

    内容紹介

    「野良猫」たちの、現実の暮らしと、
    はかない命がつたえる小さな声を、
    どうぞ読んで、聴いてあげてください。

    ときどき路地裏から現れる猫、草むらのなかで丸くなって息をひそめる猫。
    あの子たちは、どんなことを思って、どんなくらしをしているのでしょう。
    びっくりして逃げて行く背中にある傷、えさをくださいと向けた顔についた濡れた耳。
    猫たちは、一生懸命生きているけれど、自然とたたかって傷ついているのです…
    人間という自然とも…
    「ねえ、シロスケ、ねえ、また会えるよね」

    目次

    第一章 森に春がやってきた
    第二章 ご飯をもらう練習
    第三章 雨上がりの森で
    第四章 悲しい朝
    第五章 ゴモンのひとりごと
    第六章 マンナの願い
    第七章 トモスケの死
    第八章 羊雲のこと
    第九章 びしょ濡れイワンとどんぐりの木
    第十章 満月の夜に
    第十一章 万華鏡の夜
    第十二章 大雪の森
    第十三章 父さんお化けを撃退する
    第十四章 大きな楠の話

    『心生ふ kokoro ou』 大石惠美子(著)

    出版物タイトル 『心生ふ kokoro ou』
    分類 芸術・建築・理工
    著者 大石惠美子(著)
    定価 本体1000円+税
    発行 2017年1月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 A5変型判・32ページ

    内容紹介

    いっしょに過ごした思い出の写真集

    犬たちの一生は短い。
    しかし、その一瞬の時を無心に
    懸命に生きる彼らの姿はいとおしく、
    命の尊さを感じさせてくれる。
    ―本書のあとがきより―

    『新版 砕けて後は、もとの土くれ 相模国豪族・三浦一族鎮魂譜』 中村豊郎(著)

    出版物タイトル 『新版 砕けて後は、もとの土くれ 相模国豪族・三浦一族鎮魂譜』
    分類 人文・社会
    著者 中村豊郎(著)
    定価 本体600円+税
    発行 2016年12月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 A6判・220ページ

    内容紹介

    歴史の彼方に埋没した相模の豪族 三浦一族は如何に栄え、滅びたか

    源頼朝、足利尊氏に忠節を尽くすも、
    北条早雲に滅ぼされた三浦一族。
    武将たちのエピソードを多彩に盛り込んだ物語を
    鎮魂の譜として一族に捧げる。

    目次

    第一章 三浦荒次郎の最後
    第二章 平安時代の武将達
    第三章 鎌倉時代の武将達
    第四章 関東の戦国時代
    第五章 三浦導寸
    第六章 北条早雲
    第七章 三浦氏の滅亡

    『山小屋だより ―軽井沢とその周辺』 保谷六郎(著)

    出版物タイトル 『山小屋だより ―軽井沢とその周辺』
    分類 ノンフィクション
    著者 保谷六郎(著)
    定価 本体1200円+税
    発行 2016年12月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 四六判・212ページ

    内容紹介

    都会の生活では気づくことができなかった体験を
    丁寧につづったエッセイ。

    軽井沢の雷は、関東平野では経験しない豪快さがある。
    雨に打たれる木の葉の音も大きい。
    落雷の音もあたりの山に反射して、関東平野で聞く落雷の音よりも長く鳴り続ける。
    そばの山にこだまして、とくに大きく聞こえるのである。
    夕立の前には、鳥や猿も虫もそれを事前に知っているのか、姿を隠す。
    夕立の終わりもはっきりしていて、東の方で雷の音が残っているのに、
    浅間山の西空に茜色が射している時もある。

    現役時代に過ごした海外での経験を通して興味を抱いた山小屋生活。
    退職後、軽井沢で始まったセカンドライフは、
    風土、歴史、大自然の恵みに触れ、新たな発見の連続であった。
    風の音、木々の匂い、鳥の鳴き声…そんな日々をつづった癒しのエッセイ。

    目次

    身近な高原の町
    高原の町を拓いた人たち
    軽井沢の近隣
    山小屋の四季
    山小屋と植物
    山小屋の野鳥や動物たち
    温泉とドライブ
    中山道と旅する人びと
    幕末以降に旅する女性たち

    『巨匠とマルガリータ』 ミハイル・ブルガーコフ(著)/中田恭(訳)

    出版物タイトル 『巨匠とマルガリータ』
    分類 文芸
    著者 ミハイル・ブルガーコフ(著)/中田恭(訳)
    定価 本体3000円+税
    発行 2016年12月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 A5判・478ページ

    内容紹介

    不世出のロシア文学の巨匠の代表作

    ウクライナ出身のブルガーコフは、キエフ大学卒業後医師となる。
    『悪魔物語』『白衛軍』本作などの代表作がある、20世紀のロシア文学の代表的作家。
    彼の作品は発禁になることが多く、本作も作者死後26年経った1966年に発表され、世界中で高い評価を得た。
    「黒魔術のショー、しゃべる猫、偽のルーブル紙幣、裸の魔女」が登場する奇想天外な物語。
    ソ連時代の現実風刺小説との声価も。
    ローリング・ストーンズの『悪魔を憐れむ歌』の歌詞に影響を与えた作品としても有名。

    目次

    第一部
    見知らぬ者たちとは口をきくべからず
    ポンティオ・ピラト
    第七の証明
    予言通りの精神分裂病
    奇怪なアパート
    イワンの分裂
    黒魔術とその明かし
    雄鶏に栄光あれ!
    不運な訪問者たち

    第二部
    マルガリータ
    悪魔の大舞踏会
    五〇号室の最後
    コローヴィエフとベゲモートの最後の冒険
    旅立ちの時
    雀が丘で
    許しと永遠の隠れ家

    『頑張れ!日本 ―国際社会へ羽ばたく世代に』 松山幸雄(著)

    出版物タイトル 『頑張れ!日本 ―国際社会へ羽ばたく世代に』
    分類 人文・社会
    著者 松山幸雄(著)
    定価 本体1800円+税
    発行 2016年11月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 四六判

    内容紹介

    国際派リベラリストからの
    「日本」再興への熱いエール

    元朝日新聞論説主幹であった著者が、
    長年にわたるジャーナリスト経験から、
    現代日本のリベラリズムの危機を論じる。
    「高齢化社会」「老害問題」「少子化問題」から
    「財政赤字」「オバマ演説」まで、多彩な問題について舌鋒鋭く迫る。
    記者生活の中から世に送り出した造語は数知れず、
    「核アレルギー」「演歌メンタリティー」「羊の民主主義」
    「ビフテキと茶碗蒸し」等の造語は実に示唆に富む。

    目次

    第一章 暴風圏に突き進む「日本丸」 -政治が劣化する中で
    第二章 危機に立つリベラリズム -この道はいつか来た道?
    第三章 朝日新聞の奮起を -細心のあまり畏縮せざらんことを
    第四章 「栄光なき孤立」を避けるために -井の中の「右蛙」と「左蛙」
    第五章 初めに言葉ありき -言語戦争を勝ち抜くために
    第六章 戦いと憩い -長距離レースにおける「屏風型教養」の効用

    『仕事の出来栄え管理』 福増満廣(著)

    出版物タイトル 『仕事の出来栄え管理』
    分類 ビジネス
    著者 福増満廣
    定価 本体1600円+税
    発行 2016年11月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 A5判・160ページ

    内容紹介

    自分の仕事に品質管理の考え方を導入すれば
    「仕事ができる」ようになる! ?

    製品に品質があるように、仕事にも品質が存在する。
    そんな観点から、一般業務に品質管理論を取り入れることを本書は推奨します。

    大学を卒業して、しばらく仕事に就いたが、その仕事が性に合わず辞めた。
    アルバイトで小遣いを稼いでいたが、これも続かず放棄して家にこもり、
    ゲームに明け暮れている無気力な若者が増加しているという。
    是非とも大学卒業年次のカリキュラムにこの「仕事の出来栄え管理」の要点を導入して、
    如何なる仕事でもその処理の仕方が理解出来れば、
    やる気が起こり、気力も湧いてくるものである。
    そして仕事に定着し「仕事ができる人」に育ってくれるよう教育すべきである。

    目次

    第1章 仕事の出来栄え管理
    第2章 統計的品質管理
    第3章 管理図
    第4章 サンプル調査と抜取検査
    第5章 信頼性の考え方
    第6章 品質保証とチェッカー
    第7章 事故分析と再発防止対策
    第8章 設備の保全とWQC

    『雑藻録 進駐軍が街にやって来た』 堤淳一(著)

    出版物タイトル 『雑藻録 進駐軍が街にやって来た』
    分類 人文・社会
    著者 堤淳一
    定価 本体2000円+税
    発行 2016年11月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 四六判・446ページ

    内容紹介

    横浜大空襲の凄惨な状況を
    いま弁護士の目を通して語る

    昭和20年4月3日横浜は米国による本格的な空襲にみまわれた。
    敵機が去った後には、火災と死傷者の群れと大混乱が残った。
    私の家の裏手にはオンリーさんが住んでいた。
    そこへジープで時々通ってくる米兵は“Give me chocolate"などと言わなくともチョコレートやガムをくれた
    (但し、“Hello"位は言わなければならない。当たり前である)。<本文より>

    目次

    横浜大空襲と飢餓
    逆さまの世界地図と地球儀
    「有事法制」を超えるもの
    管見愚見
    「道」のはなし

    『相席』 潮見純子(著)

    出版物タイトル 『相席』
    分類 文芸
    著者 潮見純子
    定価 本体1400円+税
    発行 2016年11月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 四六判・280ページ

    内容紹介

    「ねえ、ほう、また会おうまいて」
    天竜川の渦のように、人と人とは流れ流れて、やがて相席に着く。

    愛知で生まれ育った利発な少女・以麻。
    時代の波と人の風が、彼女の透き通る心を抜けていく。
    父の転勤で遠江二俣で小学校一年生…名古屋を空襲で焼け出され各地を転々…
    結婚、そして軽井沢への一人旅…文人との「心の交流」…
    以麻は、人の心に吹く風に泣き笑い、そして人との縁の席に落ちつく。
    どこか懐かしくて和やかなお国言葉がいざなう、時代の姿と旅情の長編小説。

    親子、兄弟、夫婦、旅の道連れ…
    人生、同行二人。

    目次

    一 なかまはずれ
    二 矢奈妓町楼のお多代ちゃん
    三 天竜川の渦のように
    四 ヒッツラオナラ
    五 以麻、哲学少女になる
    六 アブノーマル
    七 十三歳の日記
    八 ホラ吹きジャックとキツネの嫁入り
    九 マーブル模様
    十 電話オジサン
    十一 土筆つみ
    十二 相席

    『村上春樹と島田雅彦 ―時代と反時代― 他三篇』 柳澤勝夫(著)

    出版物タイトル 『村上春樹と島田雅彦 ―時代と反時代― 他三篇』
    分類 人文・社会
    著者 柳澤勝夫
    定価 本体3500円+税
    発行 2016年11月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 四六判・404ページ

    内容紹介

    文学と思想に渉る
    状況論的精神史的考察の評論集!

    前著『丸山眞男と吉本隆明』(小社刊)において日本近代思想と対峙した著者が、
    村上春樹と島田雅彦という「現代の寵児」である二人の作品にちりばめられた記号を読み解き、
    その「時代性と反時代性」を明らかにする。
    第二部以降では、時代性を誘因とした溶解の諸相の検討を端緒に、
    日本的イデオロギーを俯瞰し、「現状況への違和」というスタンスから、現代を照射する。

    目次

    第一部 『村上春樹と島田雅彦』
    第二部 『溶解の行方』
          (高樹のぶ子、丸山健二、増田みず子、大岡玲作品論)
         『国家イメージと国家意識』
          (丸谷才一、中上健二、江藤淳、村上龍、石川啄木、小林秀雄、俵万智らに言及)
    第三部 『日本(倭)イデオロギー批判』
          (吉田松陰、横井小楠、佐藤信淵、平田篤胤、本居宣長、萩生徂徠らに言及)

    『木の大切さを説いて 緑のボランティア指導者の観察記録』 井東文一(著)

    出版物タイトル 『木の大切さを説いて 緑のボランティア指導者の観察記録』
    分類 芸術・建築・理工
    著者 井東文一
    定価 本体1600円+税
    発行 2016年11月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 A5判・254ページ

    内容紹介

    緑の大切さを子供たちに伝える事は私達の使命です。
    現在、樹木が多く植えられている所といえば、
    公園や緑地、神社仏閣、学校や医療施設などがあがります。
    皆さんはその木がどんな目的や役目を持って植えられているか、考えた事はありませんか?
    変化を続ける自然に私たちはどのように対応していけばいいのでしょうか。
    いま、そして将来の地球環境を一緒に考えましょう。

    目次

    口 絵 木の実の標本(オリジナル)
    第一章 木の大切さを説いて
    第二章 私達の緑化活動での記録
    第三章 私達が現在体験して来た事から考察して

    『木造建築100棟以上を建てた建築士が教える 「夢の我が家」のつくり方』 和泉眞一(著)

    出版物タイトル 『木造建築100棟以上を建てた建築士が教える 「夢の我が家」のつくり方』
    分類 芸術・建築・理工
    著者 和泉眞一
    定価 本体2000円+税
    発行 2016年11月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 B5判・274ページ

    内容紹介

    知っていますか? ほんとうの家づくり

    「土地」や「間取り」の選び方から、断熱/採光/材料選びまで、
    意外と知られていない、知らされていない家づくりの「いろは」を、ベテラン建築士が逐条解説。
    これから家を建てようとお考えの方、建築士を目指す方、
    不動産業や土地建物販売業を目指す方の全てをカバーする今までにない入門書。
    「メーカー主導型の消極的家づくり」から、
    「施主参加型の積極的家づくり」へのシフトを提案します。

    目次

    第1 部 宅地の選び方
    第2 部 木造住宅設計図面
    第3 部 材木、金物、屋根葺材
    第4 部 木造建築の地震対策
    第5 部 各部の仕上げ方
    第6 部 各部の断熱、保温
    第7 部 電気配線設備
    第8 部 衛生設備
    第9 部 ガス設備及びIHヒーター他
    第10 部 その他

    パブリシティ情報

    • 『「夢の我が家」のつくり方』 和泉眞一 (著) 『神静民報』にて紹介(2017年4月14日付)

    『このままでは日本の国が危ない ―あなたの子・孫の時代を憂う―』 横地日出男(著)

    出版物タイトル 『このままでは日本の国が危ない ―あなたの子・孫の時代を憂う―』
    分類 人文・社会
    著者 横地日出男
    定価 本体926円+税
    発行 2016年10月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 新書変型判・176ページ

    内容紹介

    これからの18 歳へ。
    将来は君たちが
    選ぶしかない。

    平成28年から選挙権の年齢が18歳に引き下げられた。
    「…そこで、これからの時代を担う彼らが
    投票する前に知っておかなければならない今の日本について、
    社会科教師・横地が高校生である彼らとともに話し合い、
    また今の日本の情勢について何を思うかを、各人がそれぞれの立場から、
    政治・経済・社会・教育等について一言ずつ述べてもらった…」
    そのような「未来への討議の場」として、仮構されたのが本書である。
    「教育勅語」に、現代にも生きる道徳的意義を見出し光を当てた第一章は、圧巻である。

    目次

    第一章 教育勅語の中のある特定部分の思想が、現代の荒廃を救う
          これからの「日本人」へ 朋友相信じ 教育とは何か
    第二章 選挙制度の実態と選挙権年齢引き下げで何ができるか
          投票前に知っておきたい、日本の今 政治家の役割
          働く女性とそのフォロー 国債の問題と国家財政 限られた資源
          産業の歴史をふり返り、働くということを考える
          食料問題について考える 日本の林業と将来の展望
    第三章 新しい環境との関わり方
          工業発展の歴史から学ぶ