三省堂書店 BOOKS SANSEIDO

本部課長

プロフィール

入社10年目
本店・支店を経験後ポイントカード「クラブ三省堂」を担当する本部課長として活躍中

1.現在の所属部署と仕事内容を教えてください。

書店業界では初のポイントカード“クラブ三省堂”の運営管理です。 会員のお客様からのお問い合わせから、会員サイトに掲載する出版社さんへの広告営業、各種キャンペーンのポスターやポップの作成、会員のお客様へのダイレクトメールの手配など、仕事の幅はとっても広いです。

2.入社してから一番印象に残っていること・うれしかったこと。

神保町本店時代、自衛消防隊の地区コンテストで3位入賞したこと。 屋上で放水したり、走りこみをしたり・・・会社員になってこんなことをするとは思っていませんでした。 今となっては青春のようで楽しかった!

3.書店の仕事とは?

本屋にとって本は読むものではなく、売るものです。 本はどこで買っても同じ価格なので、いかに付加価値をつけて売るかがポイントです。 「話題の本がきちんと揃っている」、「店員のオススメPOPが自分のツボにあう」、「ポイントがついておトク」など、お客様にとって求めるものは様々だと思います。 その「付加価値探し」こそが私たちの仕事です。

4.今後の目標

神保町本店、名古屋での転勤生活、本社での裏方と異なる部署を経験し、いろんな立場でものを考えられるようになりました。 今後どの部署で働くことになったとしても、その部署と他をつなぐ「架け橋」的な存在になりたいと思います。

5.学生の皆さんに向けてメッセージを

就職活動は、「なりたい自分」を考える良い機会です。 自分の求める「仕事の充実、収入、余暇の過ごし方」とは、どんなものでしょうか。 収入は高くても、忙しすぎて辛い人もいます。収入は普通でも、時間にすこしばかりの余裕をもち、余暇を楽しんでいる人もいます。仕事が楽しいから収入も時間もそんなにないけど充実している。

または仕事は楽しいけど時間の余裕がなくて辛いという人もいるかもしれません。 ぜひ、自分に最もあう「やりがい、お金、時間」のバランスを得られる職業に出会ってください。