三省堂書店 BOOKS SANSEIDO

会員規約(ジュニアカード)

2019年1月1日改定

クラブ三省堂 三省堂書店Z会ジュニアカード会員規約

第一章 一般条項

第一条(会員資格)
1.「三省堂書店Z会ジュニアカード」とはクラブ三省堂カードのジュニア版であり、下記の条件を満たした方に限り、入会資格があります。
(1)18歳まで。
(2)三省堂書店およびZ会グループ企業(※)からのDM・メール等のご案内の受取を了解すること。
(※Z会グループ企業の詳細は「Z会ウェブサイト 個人情報の取り扱いについて」をご覧ください。)
(3)保護者の同意を得ていること。
2.三省堂書店Z会ジュニアカードは株式会社三省堂書店と株式会社Z会が共同運営いたします。両者を併せて運営者といいます。会員とは三省堂書店Z会ジュニアカード会員規約(以下「本規約」といいます)を承認の上、入会の申込をし、かつ運営者が入会を認めた方をいいます。
3.運営者と会員との間で本規約と一体となるものとして別途定めた規程(追加規程、利用上の取り決め等を含みますが、これらに限られません。)は、名目の如何にかかわらず、本規約の一部を構成するものとし、会員は本規約および本規約と一体となるものとして定められた規程などを遵守の上、第二章に定める「本サービス」を利用するものとします。

第二条(カードの貸与)
1.運営者は会員1名につき、1枚のカードを発行し、貸与いたします。なお、カードの所有権は運営者に属します。
2.会員は、カードの署名欄に自署し、善良なる管理者の注意をもってカードを使用・保管するものとします。
3.カードは、他人に貸与、譲渡、質入れその他の担保提供等に使用することはできません。

第三条(カードの紛失・盗難等)
1.会員がカードを紛失し、または盗難にあったときは、最寄りの警察署または交番にその旨を届けるとともに、速やかに三省堂書店に連絡し、三省堂書店所定の届出書を三省堂書店宛てに提出するものとします。
2.「1」記載の届出が終了した後、カード紛失・盗難その他の事由を原因として、他人によるカード不正利用などの不正利用事故が発生し、これについて損害金が生じた場合、運営者は会員に対し、上記損害金につきカード紛失・盗難その他の事由が発生した日現在に会員が保有していたポイント相当金額の限度において、これを負担致します。
3.下記のことに起因する損害については、運営者は一切責任を負いません。
(1)会員の故意または重大な過失に起因する損害。
(2)不正利用に起因する損害、戦争・地震などによる著しい秩序の混乱に乗じてなされた盗難・紛失に起因する損害。
(3)会員が「1」の届出を怠ったり、カードを他人に譲渡または貸与する等、会員規約に違反する行為をしたことに起因する損害。
4.会員が解約(退会)した場合は、運営者は第二章に定めるサービスの提供を一切行いません。
5.同一IDでのカードの再発行はいかなる場合も行いません。

第四条(会員資格の喪失とカードの返却)
1.ジュニアカード会員資格は20歳の誕生日まで継続し、20歳の誕生日翌日に失効します。それ以降は、自動的にクラブ三省堂一般カードの会員になり、なおかつ、クラブ三省堂会員規約に同意したこととみなします。
2.運営者は、会員が次の各号に該当した場合、当該会員の会員資格を失効させ、カードの返却を行うものとしますが、運営者または運営者の委託先がカードを回収できるものとします。
(1)運営者が定める一定期間内にポイントの付与または利用がなかった場合
(2)本規約に違反した場合
(3)ポイントの不正取得・不正使用などカードの利用状況が適当でないと運営者が判断した場合
(4)運営者に対する犯罪・加害行為があった場合
(5)その他会員として不適切であると判断した場合

第五条(会員の都合による退会)
会員が都合により退会するときは、運営者に届出をするとともにカードを返却するものとします。

第六条(届出事項の変更)
1.会員は、運営者に届出た住所・氏名・学校名・連絡先電話番号等について変更があった場合には、所定の届出書の提出および運営者が開設する会員個人サイト(以下「ユーザーMyページ」といいます)内でお客様情報変更手続を行う方法により運営者に通知していただきます。
2.「1」の手続きにおいて、運営者は必要に応じて身分証明書等の提示を求める場合があります。
3.会員は「1」の住所・氏名の変更通知を怠ったことにより、運営者からの通知または送付書類が延着または不到達となっても、運営者が、通常到達すべき時に会員に到達したものとみなすことに異義がないものとします。ただし、「1」の住所・氏名の変更の届出を行なわなかったことについて、やむを得ない事情がある時は、この限りではないものとします。

第七条(規約の変更・追加・廃止)
本規約ならびに本サービス内容は事前の予告なく変更する場合があります。
運営者は、運営者が適切と判断した方法で告知を行うことにより、いつでも任意に本規約を変更できるものとします。会員は承認するものとします。

第八条(合意管轄裁判所)
会員は、本規約に基づく取引について紛争が生じた場合、運営者の本社、各支店、営業所を管轄する簡易裁判所もしくは地方裁判所を管轄裁判所とするものとします。

第二章 サービス条項

第九条(本サービスの概要)
会員は、カードを利用したポイントサービス、ユーザーMyページでの購買履歴閲覧サービスおよび電子メールまたはDM等による、ニュース等の配信サービス、クラブ三省堂アプリなどのサービス(以下併せて「本サービス」といいます)を利用することができます。

第十条(ポイントカードサービスの概要)
1.会員は、三省堂書店店舗でのお買上げ時にカードを提示することにより、ポイントの加算を受けることができます。この場合、当該店舗において本人確認をさせていただく場合があります。累積ポイント数は、ユーザーMyページ、クラブ三省堂アプリ上で確認することができます。
2.商品購買のご精算前にカードの提示がない場合、ポイント加算を受けることができない場合があります。
3.当社店舗が認めた返品が発生した場合、その商品をご購入の際に使用、または加算されたポイントを精算の上、ご購入以前のポイント残高に戻すものとします。
4.加算されたポイントは、累積され、運営者指定の方法により、会員に還元されます。
5.ポイント付与の対象となる商品は、三省堂書店店舗で販売される書籍、雑誌、文具、雑貨、洋書・洋雑誌、DVD、電子辞書、ニューメディア商品、古書などを対象とします。(一部の店舗を除く)。ただし、検定教科書、願書、模試受付、図書カードなどの金券、セール対象商品、催事場での販売など一部の商品については、対象外とします。

第十一条(購買履歴閲覧サービスの概要)
1.会員は、ユーザーMyページにおいて、運営者の提供する会員IDおよびパスワードを入力しログインすることにより、自己のポイント履歴・購買履歴を閲覧することができます。会員は、パスワードの管理について責任を負うものとします。
2.運営者は、会員が適正な方法により利用する場合においてポイント履歴・購買履歴閲覧サービスを受けられるよう努力しますが、システムの不具合等理由の如何にかかわらず、購買履歴閲覧サービスが受けられないことや、第三者の不正なアクセス等によるトラブルに起因して生じる損害については、一切責任を負いません。

第十二条(電子メール情報配信サービスの概要)
1.会員は、ユーザーMyページで自己のメールアドレスを登録することにより、運営者からの各種情報を電子メールで受信することができます。
2.適正な電子メールアドレスの入力、及び電子メールの利用が可能な環境の設定については会員が自らの責任により行うものとします。
3.「1」のサービスの、内容、時期については運営者が決定するものとします。
4.電子メールアドレスの誤り、電子メール受信可能な環境が整っていないこと、インターネットシステムの障害等の理由の如何にかかわらず、電子メール情報配信サービスに関し生じる損害等について、運営者は一切責任を負いません。

第十三条(ポイント有効期限)
ポイントのご利用有効期限は、ポイントを獲得した年の翌年の12月31日とします。有効期限を過ぎたポイントは無効となります。

第十四条(サービス内容の変更・追加)
本サービス内容は、事前の予告なく変更・追加することがあります。告知は運営者が適切と判断した方法で行うものとします。

 

第三章 個人情報条項

第十五条(個人情報の取得・保有・利用)
会員は、運営者が第十六条に定める利用目的のため、以下の情報(以下総称して「個人情報」といいます。)を取得・保有・利用することに同意します。
1. 申込書および入会後の届出書や、ユーザーMyページ等で会員が登録した、会員の氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、学校名、学年、パスワード等の情報
2.入会申込日など入会に伴い発生する情報
3.運営者が取得した、会員の商品購入履歴、累積ポイント数、消去ポイント数、失効ポイント数に関する情報
4.運営者の指定する会社等からの宣伝物等の送付

第十六条(個人情報の利用目的)
会員は、運営者が、下記の目的のために、第十五条に定める個人情報を利用することに同意します。
1.ポイント還元サービス
2.ユーザーMyページの作成
3.累積ポイント数の情報配信
4.商品情報・各種イベント等の情報配信
5.DM・サンプル商品等の送付(運営者が指定した会社等からの送付も含む)
6.アンケート調査
7.その他、会員へのサービスのためのもの(店頭でのご注文受付等)

第十七条(個人情報の開示・訂正・削除)
1.会員は、第十九条に定める問い合わせ窓口に連絡する方法により、運営者に対し、自己に関する個人情報を開示するよう請求することができます。
2.会員の申し出等により、万一運営者が保有する当該個人情報の内容に誤りが存在することが判明した場合には、運営者は、速やかに当該個人情報の訂正を行うものとします。

第十八条(利用中止の申し出)
運営者が本規約第十六条による同意を得た範囲内で個人情報を利用している場合であっても、会員から、当該個人情報利用を中止することを希望する旨の申し出があった場合には、運営者は、速やかに当該個人情報の利用を中止する措置をとります。ただし、中止措置をとった結果、本サービスの提供を行うことができない場合は、第四条に従い会員資格を喪失させることができるものとします。

第十九条(管理責任者および問い合わせ窓口)
会員の個人情報の管理についての責任は、三省堂書店クラブ三省堂事務局長、Z会個人情報保護管理責任者とします。会員の個人情報に関するお問い合わせ、または開示、訂正、削除若しくは利用中止の申し出等については、下記を問い合わせ窓口とします。

株式会社三省堂書店 クラブ三省堂事務局
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-1

株式会社Z会
〒411-0033 静岡県三島市文教町1丁目9番11号

付則:この規約は2007年12月1日から施行しました。
2017年1月1日に規約を一部変更しました。
2019年1月1日に規約を一部変更しました。