三省堂書店 出版事業部

出版物のご案内

    『口紅』 池莉(著)/山本勉(訳)

    出版物タイトル 『口紅』
    分類 文芸
    著者 池莉(著)/山本勉(訳)
    定価 本体2200円+税
    発行 2015年12月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 四六判・697ページ

    内容紹介

    中国で連続テレビドラマ化され絶賛を浴びた『口紅』遂に日本上陸!

    文革終焉から改革開放へと向かう激動の中国をけなげにも逞しく生き抜いてきた若者達がいた。
    自分の夢を描き続けてきた江暁歌、趙燿根、そして寧岸、彼らの叫びが激しく君の心に鼓動する。

    目次

    第一章  新居
    第二章  趙家と江家
    第三章  決別
    第四章  埠頭
    第五章  寧岸
    第六章  母の手紙
    第七章  出獄
    第八章  疑念
    第九章  二人の妹
    第十章  深圳
    第十一章 小さな独身寮
    第十二章 呉文彗
    第十三章 凱旋
    第十四章 二つの新聞記事
    第十五章 唐燕影
    第十六章  離婚
    第十七章  宗漢
    第十八章  小さな小瓶
    第十九章  乗客
    第二十章  活路
    第二十一章 香港
    第二十二章 暴落
    第二十三章 突入
    第二十四章 出版記念パーティー
    第二十五章 忍び寄る影
    第二十六章 鳳凰二十六
    第二十七章 罠
    第二十八章 嘉児へのプレゼント
    第二十九章 別離
    第三十章  口紅

    『明治長編詩歌 孝女白菊 ―井上哲次郎・落合直文から ちりめん本、鴎外、画の世界まで―』 大原敏行(著)

    出版物タイトル 『明治長編詩歌 孝女白菊 ―井上哲次郎・落合直文から ちりめん本、鴎外、画の世界まで―』
    分類 文芸
    著者 大原敏行
    定価 本体2000円+税
    発行 2015年12月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 A5判・376ページ

    内容紹介

    日本近代詩の濫觴『孝女白菊』研究の決定版 「明治ノ歌ハ、明治ノ歌ナルベシ」として、 古歌・漢詩と一線を画すべく『孝女白菊詩』を著した井上哲次郎。
    それを新体詩『孝女白菊の歌』として書き改めた落合直文。
    やがて日本近代詩の先駆と賞される『孝女白菊』は 時代とともに変遷を重ね、日本人の精神的風土として深く沈潜していく。

    本書をめぐる森鷗外、岡倉天心との交流、時代ごとの受容、変遷などを 類例を見ない博引傍証により解題。 研究者ならずとも、座右に置いて頂きたい『孝女白菊』研究の 定本となるべき名著、ここに誕生。

    目次

    巻頭資料集 「ちりめん本」「新体詩の流れ」「井上哲次郎と森鷗外」「落合直文と森鷗外」
    本文編   井上哲次郎(巽軒)「孝女白菊詩」、落合直文「孝女白菊の歌」解題解説
    補足説明編 井上哲次郎と落合直文について、モデルと成立について、普及・校異について
    資料編   『郵便報知新聞』『巽軒詩鈔』『東洋学会雑誌』『少年園』『青桐集』ほか

    『マイリトルネイチャー』 小林貴子(著)

    出版物タイトル 『マイリトルネイチャー』
    分類 芸術・建築・理工
    著者 小林貴子
    定価 本体1852円+税
    発行 2015年12月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 B4変型判・156ページ

    内容紹介

    私が好きだった場所がいまここにある
    独自の手法で描いた珠玉のシルクスクリーン作品集。

    シルクスクリーンの制作には、
    1.感光剤を使用する写真製版、
    2.紙やろう紙などを切り抜いて貼付するカッティング法、
    3.筆で目止め剤を塗布するブロッキング法

    などありますが、
    本書で言う紙版とは、布模様やレース、ティッシュのしわなどの隆起のあるものを
    直接スクリーンに写し取り、それを一つの版として考えたものです。
    元々油彩をしていたこともあり、版画用インクは使わず、油彩絵の具で制作しました。

    『田村元とその時代―55年体制を生きた政治家―』 盛山正仁(編著)

    出版物タイトル 『田村元とその時代―55年体制を生きた政治家―』
    分類 ノンフィクション
    著者 盛山正仁
    定価 本体3700円+税
    発行 2015年12月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 A5判・1107ページ

    内容紹介

    激動の時代を全力で生きた
    元衆議院議長 田村元の生き様と
    その時代をここに遺す

    没個性の時代となり、個性的な人間が少なくなってきた。
    政治家だけではなく、どの分野でも、漫画や似顔絵の似合う人物が生きていきにくくなっている。
    田村元は一時代前の政治家であるせいか、党人派として個性的な人間であり、
    様々なエピソードや記述が残されていた。
    その田村元の軌跡を記そうと筆を執った次第である。 (あとがきより)

    目次

    第1部
    田村元の歩み(生い立ちと戦後日本の復興(昭和27(1952)年7月まで)
    政治の世界に(昭和27(1952)年8月~昭和30(1955)年1月)
    初当選(昭和30(1955)年2月~昭和35(1960)年6月、当選1期~2期) ほか)
    第2部
    田村元と55年体制(経済復興・国民生活の安定 派閥の群雄割拠と合従連衡 政治姿勢 ほか)
    第3部
    田村元の思い出(相沢英之 愛知和男 赤松良子 ほか)

    『新聞販売と再販制度』 畑尾一知(著)

    出版物タイトル 『新聞販売と再販制度』
    分類 人文・社会
    著者 畑尾一知
    定価 本体1800円+税
    発行 2015年12月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 四六判・296ページ

    内容紹介

    独占禁止法という独自の観点から「新聞販売とは何か」を見つめ直す

    30有余年にわたり朝日新聞の販売部門に従事した著者による渾身の一冊。
    「独占禁止法」の規範に新聞販売を照らすことにより
    新聞販売のあらたなる一面をあきらかにし
    その中で「再販」が新聞にどのような効果を及ぼしたかを鋭く検証する。
    新聞人待望の一冊。

    目次

    第一章 新聞社の価格戦略
    第二章 部数と価格
    第三章 再販売価格維持
    第四章 定価販売
    第五章 販売店取引拒絶事件

    『情報セキュリティとプロジェクトにおけるリスクのマネジメント』 佐藤直樹(著)

    出版物タイトル 『情報セキュリティとプロジェクトにおけるリスクのマネジメント』
    分類 芸術・建築・理工
    著者 佐藤直樹
    定価 本体1800円+税
    発行 2015年12月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 A5判・146ページ

    内容紹介

    情報セキュリティ強化は
    これからの企業にとって生命線です。

    近年、情報技術の進展は目覚しく、情報システムは高度化・複合化し、
    情報セキュリティ・プロジェクトのマネジメントは一層強く求められる。
    本書は情報セキュリティ、プロジェクトにおける
    リスクのマネジメントについて論じた待望の書である

    目次

    第1章 序論
    第2章 情報セキュリティ監査と作業工数
    第3章 情報セキュリティ事故の起因事象の列挙
    第4章 情報セキュリティ事故の事故シナリオの列挙
    第5章 情報セキュリティ事故リスクの定量化
    第6章 プロジェクトコスト計画破綻のリスク評価
    第7章 結論

    『信州人の話し言葉「ずく」』 平林一秀(著)

    出版物タイトル 『信州人の話し言葉「ずく」』
    分類 文芸
    著者 平林一秀
    定価 本体1200円+税
    発行 2015年11月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 四六判・233ページ

    内容紹介

    アルプス村で育った少年「学一」が、
    「ずく」を出して真正面から立ち向かい、どんな困難も乗り越え成長していく物語。
    皆さんも、幼少時代を思い出すのではないでしょうか。

    「ずく」とは、信州人が日常的に使用している言葉で「ヤル気」という意味です。
    「何をやっているんだ。もっとずくを出せ! 」
    人を励ましたり己を奮い立たせたりする時に使います。

    目次

    まえがき
    県歌 信濃の国
    全国の石コロ道路(昭和二五年ごろの話)
    登・下校時の道路の安全確保

    学一の小学校時代
    学一の中学時代
    学一の高校時代
    学一の大学時代
    学一の回顧録

    あとがき

    『詩集 風の断片』 石原明(著)

    出版物タイトル 『詩集 風の断片』
    分類 文芸
    著者 石原明
    定価 本体1600円+税
    発行 2015年11月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 四六判・90ページ

    内容紹介

    戦後 キリスト教 母の記憶

    この詩集では「戦後」という今にして思えば不思議な空間と
    そこでのキリスト教との出会いを中心に纏めてみた。
    人生の先もそろそろ見えてきて、
    私にとっての「戦後」に一応のケリをつけようと思ったのだ。(後書きより)

    目次

    いつ戦は終わったのか
    女たちの記憶
    戦ごっこ
    切れかけた電燈の夜に
    エデンの風景
    日の暮れる前に
    恋唄
    当てはめなさい

    アブラクサスの翼
    書き掛けの遺書
    メメント・モリ
    夜桜行
    エクスタシー
    ロング・グッドバイ
    風景について
    黒い本
    頭痛について
    風の断片Ⅰ
    風の断片Ⅱ
    風の断片Ⅲ
    風の断片Ⅳ
    風の断片Ⅴ
    後書き

    『花守物語 ―第三巻―』 貴凪譲/貴凪よし子/貴凪光子(著)

    出版物タイトル 『花守物語 ―第三巻―』
    分類 文芸
    著者 貴凪譲/貴凪よし子/貴凪光子
    定価 本体1300円+税
    発行 2015年11月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 四六判・418ページ

    内容紹介

    各国が不穏な空気に包まれる中、
    竹緒は都へ、進之助は清津から
    藍河へといくことになる。
    ある者は戻り、ある者は去り――、
    若者達は各々の人生を歩みはじめる。

    長編歴史ファンタジー小説、待望の第三巻!

    目次

    ぷろろーぐ(花守物語について)
    第一章 軟弱な男子
    第二章 香織
    第三章 自らの意思
    第四章 純吉と撫子
    第五章 去就
    第六章 老兵は死なず
    第七章 ある出来事
    第八章 苦悩と野望
    第九章 嫁御寮
    第十章 惜別
    第十一章 懐かしき靖匡殿
    第十二章 契り
    第十三章 悲しい恋
    第十四章 女房殿
    第十五章 懐妊
    第十六章 父親が三人
    第十七章 玄斎の悔い
    第十八章 遭難
    第十九章 不審なこと
    第二十章 惨劇
    第二十一章 旅立ち
    第二十二章 青山新三郎

    『ふゆぼん』 立山紘(著)

    出版物タイトル 『ふゆぼん』
    分類 芸術・建築・理工
    著者 立山紘
    定価 本体1200円+税
    発行 2015年11月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 B5変型判・116ページ

    内容紹介

    冬を撮り続けた10年間の記録
    それは未知なる自分を探す旅でもあった

    激しさと静けさ、厳しさと温かさ。
    冬が見せる多様な表情は、私たち人間の心と似ているのかもしれません。
    そんな冬の情景を一冊の本にまとめました。
    取材を重ねるうちに温暖化というテーマがとても身近なものに感じられ
    冬の情景を次世代に残す意義を強く感じた。
    命の源流である冬が、私たちと共に在り続けてくれることを祈りながら。

    目次

    初冬の風景(写真)
    聖流(詩)
    ユメカケ(詩)
    真冬の風景(写真)
    雪がくれたプレゼント(童話)
    晩冬の風景(写真)

    『星空からのポエムレター 幸せの一番星』 川田せと(著)

    出版物タイトル 『星空からのポエムレター 幸せの一番星』
    分類 文芸
    著者 川田せと
    定価 本体800円+税
    発行 2015年10月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 四六判・108ページ

    内容紹介

    ポエムは宇宙からのことづて
    ポエムは心の志

    なぜあんなにも一番星をみつけることが嬉しかったのだろうか
    「一番星みっけた~」
    なんだか宇宙と仲良くなった気がしていたのかもしれない

    銀河のほとりの喫茶店で時々幸せポエムを書かせてもらっています
    日々のブログから選んだ心温まる作品たち

    目次

    心の一番星
    太陽のことば
    雲作りの村
    心のプラネタリウム
    北極星の目と心
    無名な一番星
    etc...

    『フランス人と日本人 足して割ったぐらいがちょうどいい』 近藤忠彦(著)

    出版物タイトル 『フランス人と日本人 足して割ったぐらいがちょうどいい』
    分類 人文・社会
    著者 近藤忠彦
    定価 本体2000円+税
    発行 2015年10月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 四六判・323ページ

    内容紹介

    「偽りのフランス」の真実
    元「NHK ラジオ深夜便」フランス担当レポーターからの最新レポート

    「ジャパニーズクール」などの日本発信の文化が受容され、
    以前のような日本の一方的なフランスへの「片想い」から「両思い」の関係になりつつある二つの国。
    しかし両国の文化的相違は厳然と立ちはだかり、「文化交流」ならぬ「文化迷走」の様相を呈している。
    「虚像」と「幻想」が混沌とする現状を、半世紀にわたり見続けてきた著者が浮き彫りにする。
    「フランス」を通して「日本」を見つめ直す「比較文化論」。

    目次

    第1章 体感、フランス生活
    第2章 フランス人の心象風景
    第3章 フランス国勢図会
    第4章 フランス文化についての省察
    第5章 日仏の接点と交わり
    第6章 ある日本人のフランス奮闘記
    第7章 閑話休題・日本人、フランス人こぼれ話
    第8章 フランスの一年・生活歳時記
    第9章 雑感、異国に棲むと云うこと

    『霜田史光 精選作品集 ―詩と童話―』 竹長吉正(著)

    出版物タイトル 『霜田史光 精選作品集 ―詩と童話―』
    分類 絵本・児童書・コミック
    著者 竹長吉正
    定価 本体1600円+税
    発行 2015年9月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 新書判・154ページ

    内容紹介

    大正ロマンの光芒 霜田史光!
    宮澤賢治、金子みすゞと並ぶ児童文学者 霜田史光(1896-1933)の作品を精選して収録。

    「霜田氏の芸術は、春の大空に翔けのぼらんとする可憐の揚げ雲雀(あげひばり)の姿を、私に見せた。」
    (西條八十の言葉より)

    さいたま市出身の庶民的な詩人作家の作品、今まさに、よみがえる。

    ※作品は読みやすいように現代表記に改訂。

    目次

    詩十八篇
     水車 その一/暁に流るる森/薄明の中にて/落葉の曲/谷中の墓地にて/
     迎え鐘/水車 その二/人生送迎/夕べの河/五月/姿見鏡/言葉流し/隣村の物語/
     雪降る夜半/夜の野天湯/ゆるき流れに/夕べの一樹/雪

    童話三篇
     夢の国/額を打たれた西行法師/少年絵師

    解説 時代を駆けぬけた庶民的な詩人作家(竹長吉正)

    出典一覧

    主要参考文献

    研究文献補遺

    『病気の9割は「あ・い・う・え・お」で防げ!』 川嶋朗(著)

    出版物タイトル 『病気の9割は「あ・い・う・え・お」で防げ!』
    分類 「ヘルスケア」シリーズ
    著者 川嶋朗
    定価 本体1200円+税
    発行 2015年8月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 新書変型判・234ページ

    内容紹介

    「自己流の健康法は今すぐやめなさい」
    半分読んで意識が変わり、最後まで読んで実践したくなる、
    統合医療の名医が教える病気予防の決定版!

    ● あなたは「残念な健康法」をしていないか?
    ● あなたの体には「冷え」が隠れていないか?
    ● あなたの“栄養知識"正しいですか?
    ● 朝昼晩をしっかり食べても病気予防にはならない
    ● メタボになって運動してもすぐに改善しない
    ● 「ストレスが少しある」病気予防になる

    目次

    第1章 あなたは「残念な健康法」をしていないか?
    第2章 「冷え」がなければ病気の9割は予防できる
    第3章 病気の9割は「食事」で予防できる
    第4章 病気の9割は「運動」で予防できる
    第5章 病気予防の「あ・い・う・え・お」を助ける「生活習慣」

    『歓談 臍は天の座である』 内藤勝(著)

    出版物タイトル 『歓談 臍は天の座である』
    分類 人文・社会
    著者 内藤勝
    定価 本体1852円+税
    発行 2015年8月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 四六判・400ページ

    内容紹介

    臍の中に「みたま」がある。
    そこに先祖の積んだ業と徳が 刻印されている。
    更に己の人生で刻んだ業と徳が それに加わる。
    この帳合によって人生の明暗が決まる。
    しあわせに成る為には これらの業を天にお詫びし
    徳を積み「みたま」を磨くことである
    と教えられております。

    【新興宗教“あたらしい道"の人生相談対談集】
    母のお腹にいる間、臍の緒を通して生まれてきた。
    天から見るとこの臍こそが先祖との絆であり、天につながる道なのである。
    この臍のどん奥にそれが「みたま」として存在している。両親もその前の親も各先祖は臍を通して命を繋いできた。
    23名の体験談を通して“新しい道"で教える「みたま」「理」「業」「徳」の世界を悟って戴ければしあわせです。(本文より)

    【新しい道とは…】
    創始者・松木 草垣女史は、生まれながらにして万物の元「創造主神の種」を身の内に宿し、
    天の意図を身を挺して示す運命をもって生まれる。
    1959年、母体となる「神光苑」を設立。
    以後、元の日本に回帰すべく“みたま"そのものの誠の人づくりの天の場となる。

    目次

    あたらしい道と宗教との違い
    苦難の道を一家で歩む
    戦場で逝った父の思いを知る
    父は結核を患っていた・その原因は思いにあった
    ウランバートル捕虜強制収容所から生還する
    将来の日本は明治二十七~八年頃の御世に一遍還る
    「みたま」の弱さからアトピー性皮膚炎に悩む
    闇の中で光を発見する
    原爆炸裂下を生き抜く
    酒乱のお父さんを拝む〔ほか〕

    『私の「源氏物語」椎本巻 読解レポート』 吉田正巳(著)

    出版物タイトル 『私の「源氏物語」椎本巻 読解レポート』
    分類 文芸
    著者 吉田正巳
    定価 本体1380円+税
    発行 2015年8月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 四六判・237ページ

    内容紹介

    【古典の原文読解を解りやすく!】
    著者が「桐壺の巻」から「椎本の巻」までつみ重ねた原文の読解手法の成果を
    「椎本の巻」を取り上げて一巻にまとめました。

    【古典文法をベースにして『源氏物語』の原文に親しむ】
    段落ごとに 「原文」「加筆原文」「備考」 の3項目で
    読解結果を青書きと赤書きで一覧性よく読み進められる構成になっています。

    『近世・近代における歴史的諸相』 和泉清司(著)

    出版物タイトル 『近世・近代における歴史的諸相』
    分類 人文・社会
    著者 和泉清司
    定価 本体3700円+税
    発行 2015年7月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 A5判・330ページ

    内容紹介

    多岐の分野に亘る歴史研究者が各専門分野の論考を通して日本の近世・近代の諸相を探る

    本書で扱う分野は戦国時代および徳川時代の治世、昭和初期の施政から、
    郷土の食文化史、宰領飛脚の研究、警察政策等と幅広い。
    執筆陣は高崎経済大学名誉教授・和泉清司氏を筆頭とする13名の気鋭の歴史研究者たち。 それぞれの「地域史」「地域社会」の研究から浮かび上がる真の日本の姿とは。

    目次

    和泉清司 「大久保長安「処断」の再評価とその一族」
    上原里美 「群馬県(上野国)における麺文化の探求」
    江崎哲史 「「散兵警察」方式の展開と地方税警察費支出についての考察―石川県の事例を中心に―」
    倉品 操   「近世における武家礼法の研究―吉良流五節句の礼法を中心に―」
    齊藤忠光 「廃藩置県以降における地方行政区画としての府県区域の成立過程」
    佐藤 匠   「徳川幕府における武家官僚制の成立と展開―佐渡奉行就任者の分析を通して―」
    佐藤雄太 「制札からみる戦国時代上野国の支配―武田氏・後北条氏を中心に―」
    菅原慶郎 「松前・蝦夷地における長崎貿易向け昆布の集荷―一八世紀後半を中心に―」
    堤 克政  「譜代大名における飛地の形成と支配―高崎藩の領内統治と飛地領民の対応―」
    鳥本安彦 「石原莞爾の夢と挫折」
    廣瀬亮輔 「系図史料と伝承―橘遠保の系図について―」
    巻島 隆   「宰領飛脚の権限とネットワーク―宰領議定と金石史料からみる―」
    水野伍貴 「関ヶ原の役の歴史的意義について―豊臣秀頼政権における五奉行の立ち位置を通して―」

    『天子ロミルの一日修行』 髙藤吉伸(著)

    出版物タイトル 『天子ロミルの一日修行』
    分類 文芸
    著者 髙藤吉伸
    定価 本体1650円+税
    発行 2015年7月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 四六判・413ページ

    内容紹介

    あなたも天子ロミルかもしれない
    天子が初めて知る驚異の人間世界。
    飛騨高山を起点として繰り広げていく人界の天子の一日修行の物語。
    人智の及ばぬ劇的な終焉に来世を彷彿させてくれる。

    『懐かしき“ヤマヤ”たちの歌』 碓井徳蔵(著)

    出版物タイトル 『懐かしき“ヤマヤ”たちの歌』
    分類 文芸
    著者 碓井徳蔵
    定価 本体1600円+税
    発行 2015年6月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 四六判・288ページ

    内容紹介

    「この非常時だと言うのに、山に行く奴は非国民だ」
    “伝説のクライマー”が綴った戦中戦後の山々を駆けめぐる雪と岩の無垢の歌。

    それでもカメさんは山に登った。
    昭和十九年十月、敗戦の色も濃く、穂高には登山者の影もなかった。
    昭和二十年三月東京大空襲で 家族を亡くしたカメさんは無一物で山へ向かう。
    「山が好きだから、後に他になし」。
    アルプスの神々は峻厳な鷹の翼を広げて、孤独な聖者を迎え入れてくれた。

    目次

    ○戦争は山を愛する心までを貪ってしまう
    ○私の「一の倉沢」――魔の山に魅入られて
    ○ヤマヤ繁盛記――食糧難の時代の“苦い味”
    ○単独行の日々――《生と死》のあるところ
    ○二十八日間の縦走と岩登り――白馬~剱~穂高
    ○北アルプス縦走六日間の強行
    ○黒菱小屋小話――吹雪の時の“オサムケルン”
    ○穂高小屋案内人行状記
    ○アルプスの犬たち
    ○西穂山荘越冬記
    ○冬越えの分かれ道
    ○オーロラの旅 ほか

    『増補改訂版 マルコフ過程論による新しい量子理論』 長澤正雄(著)

    出版物タイトル 『増補改訂版 マルコフ過程論による新しい量子理論』
    分類 芸術・建築・理工
    著者 長澤正雄
    定価 本体3700円+税
    発行 2015年5月
    購入

    オンライン書店 e-hon
    三省堂書店の店舗在庫を探す

    判型・ページ数 B5判・388ページ

    内容紹介

    「ランダム運動の力学」を使えば“量子力学の不思議”といわれていた現象が不思議ではなくなる
    チューリッヒ大学名誉教授の研究成果をまとめた1冊

    量子論には100年を超える歴史があるが、本書で与える理論はそれを一新するものである。
    端的にいえば“マルコフ過程論の量子論への応用”である。
    これはむしろ“量子論はマルコフ過程論の応用である”と言い換えたほうが正確である。
    本書ではその理論と応用について統一的な解説を試みている。
    本書の主要部分はチューリッヒ大学で行った講義を基礎にし、
    その後の考察により得られた新たな結果を加味して整理したものである。
    本増補改訂版は新たに「第6章粒子の消滅と増殖」を加え、
    数学科、物理学科の学生、あるいは大学院生の教科書または参考書として使えるように
    細部の計算にも配慮して構成している。

    「数学は証明、物理は多数決」
    本書で解説する定理、命題、補題は全て数学として証明されている。
    数学ではそれで十分である。ところが数学として正しい定理や命題から得られる結論でも、
    まだ物理では多数決(定説)に成っていないものもある。
    そして、それが多数決になるには少々時間がかかるかもしれない。
    しかしそれは数学の正しさとは関係ありません。

    目次

    第1章 ランダム運動の力学
    第2章 やさしい応用
    第3章 運動量、運動エネルギー、局所性
    第4章 マルコフ過程の性質
    第5章 相対エントロピーの応用
    第6章 粒子の消滅と増殖