創英社/三省堂書店

『苦しいときにこそ考え抜く』 上田しげ子(著)

出版物タイトル 『苦しいときにこそ考え抜く』
分類 文芸
著者 上田しげ子
定価 本体1000円+税
発行 2019年9月
購入

オンライン書店 e-hon
三省堂書店の店舗在庫を探す

判型・ページ数 四六判・110ページ

内容紹介

子供の頃からコンプレックスの塊のようだった著者が、 子供時代、少女時代、結婚時代、社会人時代、子育て時代、の女性の人生の各ステージで、
挫折を繰り返しながら、様々な問題、自分の弱さに直面し、
これらをどう解決してきたかを赤裸々に綴る。
著者の唯一最強の武器は、苦しいときにこそノートに書き留め、
辛いけれどその苦しみと対峙しきったことであった。

目次

第一章 家庭とはなにか
日常生活は「成功」と「失敗」の繰り返し  「親」になるということ
第二章 生き方を考える  
「孤独」とは、大事な自分を取り戻すチャンスである  「自信」に変わるまでの時間
第三章 学びを通して    
相互理解できる人こそ「良き相談者」  「四十の手習い、五十の手習い」
第四章 考えることの大切さ 
人に合わせず自分で考えるということ  脱マイナス思考に向けて
第五章 仕事と生活     
「仕事」の力を借りて自分を突き動かす  「他人の目」と「自分の目」