創英社/三省堂書店

『モロッコのリーフ戦争とアブドゥルカリーム―ワタン防衛のスペイン賄賂とドイツスパイ資金―』 江里光照(著)

出版物タイトル 『モロッコのリーフ戦争とアブドゥルカリーム―ワタン防衛のスペイン賄賂とドイツスパイ資金―』
分類 人文・社会
著者 江里光照
定価 本体2500円+税
発行 2019年4月
購入

オンライン書店 e-hon
三省堂書店の店舗在庫を探す

判型・ページ数 A5判・198ページ

内容紹介

モロッコのナショナリズムの源泉
モロッコ国民の心に生きつづける
独立運動の先駆けムハンマド・ブン・アブドゥルカリーム・ハッタービー。
アラビア語スペイン語史料、仏英独露タマジグト語ヘブライ語文献を使用した国内初の、
リーフ戦争(1921-26)前半の本格的な研究書。
指導者ムハンマドを取り巻く、父親・弟、職場のスペイン人上司・司令官・高等弁務官、
アブー・ヒマーラ、アムジヤーンなどを多彩に活写した研究者待望の一冊。

目次

第一章 リーフまたはワタンとは何か
第二章 アブー・ヒマーラ反乱とアムジヤーンのジハードでの
アブドゥルカリーム父子
第三章 ペンシオナードスとワタン
第四章 第一次世界大戦とアブドゥルカリーム父子
第五章 ドイツスパイ資金とカーディー・アブドゥルカリーム
第六章 アブドゥルカリーム父子のスペイン協力復活
第七章 第一次世界大戦終結とアブドゥルカリーム父子
第八章 ベレンゲール高等弁務官とシルベストレ司令官
第九章 アブドゥルカリーム父子の対スペイン抵抗
第十章 1921 年リーフ戦争の展開