創英社/三省堂書店

『暮れなずむ日々』 水島桜水(著)

出版物タイトル 『暮れなずむ日々』
分類 文芸
著者 水島桜水
定価 本体1680円+税
発行 2018年12月
購入

オンライン書店 e-hon
三省堂書店の店舗在庫を探す

判型・ページ数 四六判・440ページ

内容紹介

日常生活は、斯くも軽やかに崩壊される

熱海の風光明媚な住宅街の一隅に現われた異形の男。
彼が建てた一軒の瀟洒な家を中心に
周囲の静謐を打ち破る幾つかの狂気が発現する。
この医師の平和で安定した家庭生活も、
この一人の闖入者を巡るふとした懈惰な対応により、緩やかに瓦解されてゆく。
どこにでもあるような安穏な日常生活も、
ひとたびその歯車に乱調を来たした時、
いかに人間精神は脆弱であるかを物語る、珠玉の「メンタルサイコミステリー」。

目次

第一段 海を見下ろす丘の家
第二段 或る弁護ノートから
第三段 栗林家の八九〇日
第四段 忘却の途上で
第五段 殺意の奥に
第六段 水面の花影