創英社/三省堂書店

『雑藻録 進駐軍が街にやって来た』 堤淳一(著)

出版物タイトル 『雑藻録 進駐軍が街にやって来た』
分類 人文・社会
著者 堤淳一
定価 本体2000円+税
発行 2016年11月
購入

オンライン書店 e-hon
三省堂書店の店舗在庫を探す

判型・ページ数 四六判・446ページ

内容紹介

横浜大空襲の凄惨な状況を
いま弁護士の目を通して語る

昭和20年4月3日横浜は米国による本格的な空襲にみまわれた。
敵機が去った後には、火災と死傷者の群れと大混乱が残った。
私の家の裏手にはオンリーさんが住んでいた。
そこへジープで時々通ってくる米兵は“Give me chocolate"などと言わなくともチョコレートやガムをくれた
(但し、“Hello"位は言わなければならない。当たり前である)。<本文より>

目次

横浜大空襲と飢餓
逆さまの世界地図と地球儀
「有事法制」を超えるもの
管見愚見
「道」のはなし