創英社/三省堂書店

『女子テニスと私 東レPPOとの30年を振り返る』 野地俊夫(著)

出版物タイトル 『女子テニスと私 東レPPOとの30年を振り返る』
分類 生活・実用
著者 野地俊夫
定価 本体1200円+税
発行 2018年1月
購入

オンライン書店 e-hon
三省堂書店の店舗在庫を探す

判型・ページ数 四六判・229ページ

内容紹介

日本最大の国際女子プロテニス大会である
「東レPPO(パン・パシフィック・オープンテニストーナメント)」。
伊達公子、ステフィ・グラフ、マルチナ・ヒンギス・・・。
世界のスーパースターが活躍したその舞台を、
30年にわたって演出してきたトーナメントディレクターが語る、
東レPPOの歴史。

目次

第1章 アトム・ジャズ・テニス
(テニスに出会うまでの自分史
人、金、物、情報、時間
キング夫人との出会い
ビートルズと鉄砲アトム
大阪万博から阿久悠まで
ジャズフェスティバル
堤清二さんの教え
新しい酒は新しい器に)
第2章 東レPPOと女子テニスの変遷
(ナブラチロワ~グラフへ 十代の台頭
伊達公子~ヒンギス 冷戦崩壊とテニスの拡散
21世紀のシャラポワ 東欧、ロシアの躍進)
第3章 舞台裏編
(WTAの歴史と仕組み
ドーピング
ドローミーティング
賞金デスクと経理
記者席から見たトーナメントディレクター)
附 スポーツイベントの効果測定