創英社/三省堂書店

『伊八、北斎からドビュッシーへ ―日仏文化交流の麗しき円環―』 栗原浩太郎(著)

出版物タイトル 『伊八、北斎からドビュッシーへ ―日仏文化交流の麗しき円環―』
分類 芸術・建築・理工
著者 栗原浩太郎
定価 本体1400円+税
発行 2014年2月
購入

オンライン書店 e-hon
三省堂書店の店舗在庫を探す

判型・ページ数 四六判・184ページ

内容紹介

華麗なる日仏文化交流を読み解く旅への招待状 彫刻師「伊八」から「北斎」を経てドビュッシーに至る、麗しき「日仏文化交流」の円環を読み解く 北斎の作品が、ドビュッシーの作品に影響を与えたことは有名である。著者は房総半島を訪れた際に、彫刻師「伊八」の欄間彫りに、北斎がインスパイヤーされていたことを知る。そこから、「伊八」、「北斎」から「ドビュッシー」までの足跡をたどる旅が始まる。遠くパリにまで及んだ旅の中で、それらがどのように伝播し、各芸術家をどのように魅了していったのかを繙く。近世の日仏間に生起した、麗しい「国際文化交流」を明らかする。

目次

・伊八と北斎 ・海を渡った北斎の浮世絵
・ドビュッシーの交響詩『海』
・ドビュッシーと日本の音楽
・日本へ回帰したドビュッシー