創英社/三省堂書店

『古河と辺見貞蔵 幕末から明治を生きた博弈知らずの博徒』 臼井紀幸・臼井陽一(著)

出版物タイトル 『古河と辺見貞蔵 幕末から明治を生きた博弈知らずの博徒』
分類 人文・社会
著者 臼井紀幸・臼井陽一
定価 本体1300円+税
発行 2017年7月
購入

オンライン書店 e-hon
三省堂書店の店舗在庫を探す

判型・ページ数 四六判・212ページ

内容紹介

辺見貞蔵とは、
何者だったのか。
「親分」と呼ばれ、多くの徒弟から信望を集めたにもかかわらず、
歴史上注目されることのなかった博徒・辺見貞蔵。
謎に包まれた人生を、茨城県古河市の歴史とともに掘り起こす。

目次

1 城下町・宿場町・河港町としての古河
2 貞蔵を育んだ環境と博徒家業選択
3 関八州取締制度の問題
4 生井一家と縁の博徒
5 塚崎村の𠀋助を斬り旅に出る
6 小伝馬町牢屋敷入り
7 人足寄場での生活
8 柿の木の喧嘩と鹿島神社祭礼での企み
9 博徒七人斬事件とその後
10 天狗党事件と博徒の利用
11 古河地域経済の発展
12 横町の変容-新渡戸稲造も登楼
13 晩年の貞蔵