創英社/三省堂書店

『人と人の間で生きる』 越山北行(著)/清水義博(絵)

出版物タイトル 『人と人の間で生きる』
分類 ノンフィクション
著者 越山北行(著)/清水義博(絵)
定価 本体1000円+税
発行 2017年7月
購入

オンライン書店 e-hon
三省堂書店の店舗在庫を探す

判型・ページ数 四六判・132ページ

内容紹介

人が生きることは 勝ち負けの競争をしているのではない
著者が人生の波濤を乗り越える中で見出した、羅針盤となるべき言葉たち。

生きているかぎりは人と関わらずしていることはできない。
ただ、あなたは、あまりに人間関係を漫然ととらえ、苦しんではいないだろうか。
それならば、ここにある素朴な言葉たちは、
あなたを導き、正し、励ますはず…「人の怖さを知れ」。
「すべてを経験できないからこそ、人は他者に学びます。
社会の陽陰を知れば社会を恨まず肯定できるし、
人の善悪を知ればもう一度人を信じて生きていけます。
越山さんの言葉はそのためのものだと思います」 ( 前横浜市長 中田宏)

「雨にもいろいろあるように 人にも いい人悪い人がいる」
「調子のいい奴に いい人はいない」 「正論はなぜ言ってはいけないのか」
「いじめと差別は」 「倍返ししたくてもできない人へ」 【本書より抜粋】