創英社/三省堂書店

『「天皇の宣言」の政治利用』 林英一(著)

出版物タイトル 『「天皇の宣言」の政治利用』
分類 人文・社会
著者 林英一
定価 本体1000円+税
発行 2020年6月
購入

オンライン書店 e-hon
三省堂書店の店舗在庫を探す

判型・ページ数 四六判・174ページ

内容紹介

「昭和天皇の宣言」は「天皇の人間宣言」と「日本国民は他の民族に優越する民族
 ではない」
という二つの論旨を含むものであるが、
歴代政府のもとで検定された高校教科書において、これらの事実は隠蔽され政治利用され続けている。
「天皇の神格性」とともに訓育された生徒が、日本国憲法の定める「基本的人権」「国民主権」「平和主義」と「象徴としての天皇の地位」を同時に学ぶことによって、
生徒は天皇の地位を上位に位置付け、基本的人権、国民主権等の国民の権利を下位に置くことになる。
延いては、何人も侵すことのできない基本的人権、国民主権等の理念について、希薄な人格が形成されていくこととなる。
しかも、これらが原因となって、国民の間には他民族への差別意識も台頭してきている。本書はこれらの歪曲された歴史認識を詳細に検証、糾弾するものである。    

目次

 □ 中曽根康弘内閣による日本歴史教科書検定
 □ 「天皇の人間宣言」の政治利用 
 □ 東京都教育委員会通達の違法性
 □ 「昭和天皇の宣言」について、認可教科書を検証
 □ 吉田茂内閣と昭和天皇
 □ 「昭和天皇の宣言」の隠蔽と日韓関係
(抜粋)