三省堂書店 BOOKS SANSEIDO

創業140周年記念グッズ発売!

掲載日:2021年7月30日

 

 

三省堂書店は皆様のご愛顧により、4月8日で創業140周年を迎えました。

これを記念して、本の魅力を最大限に届けたい私たち本屋と
カバーデザインや装丁の作成を通して本の魅力を最大限に引き出すブックデザイナーがタッグを組み、
読者の皆様にさらに楽しい読書時間を過ごしてもらえるようなトートバッグ・ブックカバーを発売いたします!

 

 

 

創業140周年記念オリジナルグッズ 7月1日発売!

 

~ブックデザイナーと一緒に作った本と読書をもっと楽しむためのグッズ~

 

 

 

<創業140周年記念オリジナルグッズ 製品情報>

発売日 :7月1日

取扱店舗:三省堂書店各店(一部取り扱いのない店舗もございます)

     三省堂書店PayPayモール店、三省堂書店楽天市場店

デザイン:有山 達也(デザイン 有山 達也+山本 祐衣、イラスト 牧野 伊三夫)

     祖父江 慎

商品内容:トートバッグは各デザイナーとも1種ずつの発売

     ブックカバーは各デザイナーとも文庫・フリーサイズを発売

 

■三省堂書店 創業140周年 オリジナルトートバッグ

サイズ:巾350×マチ100×丈360×口折20mm (ハンドル部分) 巾25×長さ560mm

素材 :コットン100%(中国製)

価格 :1,650円(税込)

 

 

 

 

■三省堂書店 創業140周年 オリジナルブックカバー

【文庫・新書用】

サイズ:縦24cm×横34cm

素材 :紙製 3枚入り

価格 :990円(税込)

文庫・新書用ブックカバー

 

【フリーサイズ用】

サイズ:縦30cm×横42cm

素材 :紙製 3枚入り

価格 :1,100円(税込)

フリーサイズ用ブックカバー

 

<デザイナーご紹介>

■有山 達也(ありやま たつや)
1993年アリヤマデザインストア設立。「store」、「ゆめみらい」、「ku:nel」などのアートディレクションを担当。現在は「雲のうえ」、「SとN」、「藝える」、「座・高円寺/マガジン」など編集としても参加する冊子のアートディレクション、その他書籍の装幀や、印刷をベースとするデザイン全般を担当。

 

■祖父江 慎(そぶえ しん)
ブックデザイナー。愛知県生まれ。1993年に有限会社コズフィッシュ設立。
すべての印刷されたものに対する並はずれた「うっとり力」をもって、日本のブックデザインの最前線で、小説、漫画、絵本、写真集など幅広いジャンルを手がけている。

 

この度ブックデザインの世界でご活躍されているお二人にデザインをお願いするにあたり、有山さんには「これまでの三省堂書店」を、祖父江さんには「これからの三省堂書店」をそれぞれイメージしてデザインを作成していただきました。

 

<有山デザイン イメージ「これまでの三省堂書店」>

レトロな雰囲気がただよう三省堂書店旧社屋や創業の地である神保町界隈のイラスト及び過去のエンブレムなどをデザインとして使用。ブックカバーは活版印刷で仕上げを行うことによりシックな仕上がりとなっており、「これまでの三省堂書店」140年の歴史を肌で感じていただけるようなデザインです。

 

<祖父江デザイン イメージ「これからの三省堂書店」>

「本を持つこと・読むこと」の楽しさを、かわいい本の家族を通して表現しています。ブックカバーはデザイナーこだわりの紙とインクを使用することで、触って楽しめる斬新なものに仕上げており、本と本にかかわるものを通じて今までにない新しいものを提供したい、という「これからの三省堂書店」の目標を感じていただけるようなデザインです。
 
このように、今回発売となる創業140周年記念グッズは「これまでの三省堂書店」と「これからの三省堂書店」両方の三省堂書店を感じながら、読書をお楽しみいただける商品となっております。是非この機会に、私たちが心を込めて贈る創業140周年記念オリジナルトートバッグ・ブックカバーをお手に取ってみてください。

※ブックカバー制作過程の一部をこちらで公開しておりますので、合わせてお楽しみください!

 

 

【その他の140周年記念企画について】

★140周年記念 三省堂書店 × 『現代語訳 論語と算盤』(筑摩書房刊) オリジナルしおり店頭無料配布

対象店舗:全店

実施期間:5月12日頃より順次配布開始(店舗によって開始時期に差があります)~ なくなり次第終了

<企画紹介>

三省堂書店の店頭で商品をお買い上げいただいた際に、レジでお配りしておりますオリジナルしおりが、

期間限定で創業140周年仕様に変わります。

ご存じの方も多いと思いますが、当社の社名「三省」は、論語における曾子の言葉

『吾日三省吾身(吾、日に三たび吾が身を省みる)』からいただいたものです。

また、今話題となっている2021年大河ドラマの主人公 渋沢栄一も「利潤と道徳を調和させる」という経営哲学を『論語と算盤』と表現し、論語に関する思想を本に著しています。

このようなご縁から、この度の三省堂書店創業140周年を記念して、『現代語訳 論語と算盤』(筑摩書房)の訳者:守屋淳先生に渋沢栄一の思想の中から現代にも通じるメッセージを厳選いただき、特製のしおりを作成させていただくことになりました。

しおりのメッセージは全部で6種類ご用意しておりますので、是非この機会に三省堂書店の由来となった論語の思想に触れてみてください。
※店舗によって配布時期・種類が異なります。また、お渡しはランダムとなり、種類のご指定は出来かねますのであらかじめご了承ください。

 

 

★「私たち三省堂書店従業員の、これがとっておきの1冊です」 書籍リストについて

各店でご好評いただいておりました書籍フェア「私たち三省堂書店従業員の、これがとっておきの1冊です」
当フェアで展開した本は、三省堂書店全スタッフにお客様におすすめしたい本のアンケートを実施しピックアップした、約500点のおすすめ書籍です。フェア自体は6月末頃に順次終了いたしますが、当フェアで使用した本についてお客様より多数お問合せをいただきましたので、是非多くの方にご覧いただければと思い引き続きこちらのページで公開することにいたしました。

 

リストは、書籍のジャンル別のもの、推薦者の所属部署別に並べたもの、の2つをご用意いたしました。

それぞれのリンクからお楽しみ頂ければうれしいです。

※書籍のジャンルは当社での区分け、部署は現時点での名称になります

従業員おすすめ本リスト(ジャンル別)

従業員おすすめ本リスト(部署別)

 

 

★この他にも各店で店舗オリジナルのフェアやイベントを開催しております。

各店のフェア・イベント情報はこちらから

 

 

★三省堂書店の雑貨専門店「神保町いちのいち」でも

今回の140周年に合わせて様々なイベントを企画しています。

神保町いちのいちHP
神保町いちのいち 三省堂書店創業140周年記念企画

こちらも是非ご利用くださいませ。

※開催期間は状況により変更になる可能性がございます。