三省堂書店 BOOKS SANSEIDO

澤田瞳子 『孤鷹の天』  徳間文庫

掲載日:2016年5月11日

狐鷹の天
時は奈良時代。
藤原清河の家に仕える高向斐麻呂は唐に渡り帰って来れなくなった清河を
迎えに行くため大学寮に入寮する。
そんな折、奴婢の赤土と出会い、隠れて共に勉学に励むことになる。
五倫五常を学ぶ彼らのもとに大きな時代のうねりが押し寄せる。
義に生き、あるいは義に死んでいった若者達の群像劇。
学生たちの熱い想いに、もう涙なしには読めないのですよ。
学ぶということはどういうことか
義とは何か、いかに生くべきか。
澤田瞳子さんはこの作品がデビュー作ということで
末恐ろしいったらありゃしない!こんなに完成度の高い
デビュー作なんてそうそう無いですよ。
圧倒的な知識量に裏打ちされたリアリティのある物語。
なんてまぁスゴイの!
はー。同じ時代に生きられることを心底幸せに思います。
新刊出るたびに大喜びできる作家さんが増えました。
ぜひぜひご一読下さいませ!!オススメですー!!

 

三省堂書店在庫検索は 

『孤鷹の天 上』 http://bit.ly/1rZVQu3

『孤鷹の天 下』 http://bit.ly/1TRk8zB

(在庫検索と実際の在庫はずれる場合がございます。

正確な在庫・お取り置きは事前に店舗にお問い合わせくださいませ)

BookLive!電子書籍は 

『孤鷹の天 上』 http://bit.ly/1WrZSYY

『孤鷹の天 下』 http://bit.ly/1T81wZV